進捗

忘れない程度に更新。

 

とりあえずポケモンでいうところのカントー地方みたいな大まかな世界は出来ました。

今は街やダンジョンを作っています。

一つ一つ凝って作っているのでだいぶ時間がかかってます。

 

2018年2月26日に配信できるように頑張ります。

11月~12月中旬は大学関係で忙しいのであんまり作れないです。テスターは配信3週間前とかに募集してデバッグして頂きたいと思っています。

 

以上

BH本編の設定変更について

どうも。ダウンロード開始時期が不安定なファンゲームを作っている人です。

体験版と本編との変更点を書き記します。この変更点はまず覆らないと思います。

 

①登場キャラクターの設定変更

「キャラ設定がむずかゆい」という意見を多々受けていました。自分としては痛いくらいがちょうど良いと考えていましたが、設定上「位」を下げさせていただきます。BHのメンバーが神様なのは変わりません。

ただ、敵キャラクターも含めて各々に「固有特性」みたいな能力を付けようと思っています。

登場を許可してくれた人達が考えた技は引き続き採用します。

 

②全体的なステータス・難易度の低下

なるべく難易度低めに見積もろうと考えています。難しいゲームを期待していた人はロックマン2でもやってください。ステータスもまた、冒険が主題ということで成長率を大幅に低くします。作業ゲーになってほしくないのでなるべくサクサク進む感じにしたいです。

③セーブについて

僕がゲーム作成に使っているソフト「RPGツクール フェス」は、フィールドならどこででもセーブが出来る仕様となっています。その為、セーブポイントは設置せず、その有無をテロップで聞くという仕様にします。

④ストーリーについて

BHのメンバーには全く関連性のないストーリーを作成しています。基本的にメンバーは喋らないので、少しでも面白おかしいストーリーにしたいと思っています。

⑤その他

配布までまだ半年以上先ですが、気長に待って頂けたり、ふと思い出してくれると有難いです。

小話

中学3年の5月頃の事。僕はバドミントン部に所属していて、土曜日の練習に参加していた。リレー走をやる事になって、まあバトンを受けとる姿勢で前の走者を少し緊張しながら待ってたわけで。少し腰を落としてスピードが出ますようにとでも念じながらバトンを手に当てられて、必死に走り出した。でも、普段より体重が前に入っているな、これはスピードが出そうだと5歩目くらいに思った刹那、足(膝の下あたり)に激痛。俺の膝の下に向かって誰かが思い切り金づちを叩いたような感覚。転んで倒れてみると、もう足が動かない。そんでもってあり得ない、今まで経験したことのないような痛みに襲われて一瞬何もわからなかった。本当に何も分からないなんてのがあるのかって、本当にあったよ。一週間くらい前からじんわりとくる痛みに気付いていたけど、今思えば爆弾ってやつだったのかもしれない。それで話を戻すと、顧問の教師が「コートの中だから移動しよう」って僕の体を引っ張って移動させた時は、まあ喚いたね。あそこまで死ぬかと思った瞬間はない。

 

それでいつの間にか救急車が来てて、担架に乗せられて2階の体育館から運ばれた。そこでの激痛の記憶はないから、多分運んでくれた人がうまいことやってくれたんだろう。呻く屍と化した中学生は、救急車の中に見事収容されたってわけだ。

救急車の中では特にサイレンはうるさくなかった。もしかしたらうるさかったのだが耳に届いていなかったのだろう。その時の自分の耳は、自分の呻く声を聞いてなんとか痛みを堪えているという事を聞き取って頭の中に耐えろと信号を送りつける事に忙しかったのだろう。救命士のおっちゃんとささやかな談笑なんてする暇もなく、あっという間に病院に着いた。今思えば患者の人達の前を担架で堂々と運ばれていたのは、まあ恥ずかしい。その時のそこにいた患者共は、普段の朝に登校している時に我々中学生には程遠いご苦労な世界、仕事に向かうため車道を走っていく労働者の車ほどに感心は向かなかった。

検査やらレントゲンやら色んな事をやっている時の記憶はほとんどない。子供だからこういう面倒な事は親が覚えておけば良いと無意識にたかをくくっていたに違いない。

そんで病室に運ばれて、入院生活が開始。最初に食べた病院食は五目そばだった。病院特有の薄味だの不味いだのという噂はそれを食べた瞬間杞憂であったことを知り、給食みたいなもんやなと美味しく頂けた。

端から端まで貴重な経験をしていたのに、あまり入院中に思い出に残るイベントは発生しなかった。友人も少なく、10人ほどが来たのは今となっては感謝しかない。だが部活仲間であった3人のバカ共が来なかったのは、退院後「お前が入院した病院を探すのが面倒だった」と聞き、ああこいつらに期待してはいけないと改めて思ったね。担任に聞けよ。

そういえば担任も来なかった。何故だか知らんが良く分からない理由を話されたような記憶がある。別に来てほしいわけでもなかったので気にしてはいない。来てもらったところで話す事なんて状況説明かたわいもない世間話しかなく、まるで刑事が取り調べをしにきたような雰囲気にしかならないだろう。

とにかくトイレの時は不便だった。足をコルセットで固めているから便座にコルセットが当たって座れない。立ち小便にも松葉杖では努力虚しくズボンすら降ろせなかった。これから足をコルセットで固める事があるならばアドバイスしよう、危機は1週間は続くということを覚悟してほしい。

2週間ほどの入院生活はあっという間だった。まるで寝ていた時のような感覚だ。朝起きて朝食を食べ、ベッドの上でゲームをやったり手を付けないのに勉強道具を机の上に無造作に散らかす遊びをしたり、リハビリをやったりしているうちにもう夕方になっていて、夕食を食べた後はゲームやってて、眠くなったら眠るなんてのが14回ループされただけであった。退院となり荷物を持って外に出た時のあの感覚はなんとも気持ちが良かった。帰り道の車で外を見ていると、旅行に来たような初々しさを感じ、楽しい楽しいドライブだった。

かくして、俺の入院生活の話は終わり。ここまで読んだ人は一報欲しいものである。直々に感謝の意を伝えたいからだ。自分の生活を振り返って書き連ねるのも良い暇潰しになった。では、このへんで。

【Battle Heroes】更新情報No3.05

更新しました。多分もう重大なバグがない限り更新はないです。

更新情報

・ボスの変更

・ボスキャラの強化

・アヤポンと会話した時にアイコンが表示されないバグを修正

・雪の祠のパスワード変更

 

シクヨロ

【Battle Heroes】更新情報No.3

体験版の大型更新はこれがラストとなります。

死ぬ気でボリュームアップしたのでやり込んでくれると嬉しいです。

【更新内容】

・新フィールドの大幅追加

・新ダンジョンの大幅追加

・新キャラクター大幅追加

・全キャラクターの習得技追加

・全キャラクターのステータス調整

・アイテムの追加

防具屋、教会、酒場の追加

・武器、防具、装備の大幅追加

・その他いっぱい追加

 

よろしくお願いします。

【Battle Heroes】更新情報No.2

唐突な更新です。ぶっちゃけ予定していた更新です。黙っててすみません。

更新箇所

・フィールド 「町」の追加

・フィールドのデザイン変更

・全ての敵の報酬金、経験値減少

・教会の移動

・フィールドキャラ「ナツミ」の移動

・大量のイベント追加

 

頑張りました。よろしくお願いします。